フードロア:Life in a Box

映画も、お弁当も、どこか似ている。

 

泣きすぎてぼんやりした頭の片隅で、そんなことを考えていました。

正確には、オムニバス・ドラマになるのでしょうか。

繊細で穏やかなのに、なんという深さと激しさなのか。

 

一人一人の生き様が複雑なハーモニーとなって、この作品を彩っています。

 

多分、そこに自分を見る人もいるだろうし、誰かを思い出す人もいるでしょう。

そんな感情が見事に共鳴していくのでした。

 

そういえば某コミュで、フィガロに掲載された工さんのインタビュー記事を読んだ方が、(工さんのいちファンである)私のことを思い出したと言ってくださり、うれしかったです。

 

今日もいい日でありますように。